お母さんどうぶつの×TKO木下さん×嘘が×演出感×印象操作

古い考えかもしれませんが、私がタレントさんのやり方で一番苦手なのが、家族を露骨に売りにする人なんです。それが恋人でも、親でも。
これって、結局は自分に芸がない、魅力がないからこそ、そういう世間的に「ほんわかする」とか「家族=素敵」とかのイメージの材料として使うわけですよね。これは本当に気持ち悪いというか、情けないと感じます。

TKOの木下さんの動画ですが、「急遽お母さんが~」と言っていますが、
この方のお母さんって、一応事務所に入っていますので、急遽って無理でしょうし、そもそも、カメラの担当の人が確実に存在する映像なんですよね……。

つまり、実際には「オカン、ちょっと出てくれへん? で、俺に説教みたいな感じでしてほしいねん、でな、最後にダンスっぽいのもやってくれへん?」で、スタッフと準備をして撮影しているわけですよね。

どうしてそういう「小さい嘘」をつくのだろう? って思います。

今の時代、写り込んでいるカレンダーの月どころか、小さいことで嘘は後々必ずバレるのにそれをする。
動物と子供、家族を利用するのって、特に芸人さんにとっては禁断のワープ。最終手段。

そんなことでイメージなんて簡単に上がるものじゃない。
それよりももっと「面白い」を追求するべきなんじゃないでしょうか?

芸人ですよね?