アイドル×西野七瀬×脱退×可能性×構造的

乃木坂46さんに所属してる西野七瀬さんが、乃木坂46からの脱退を発表いたしました。
きっとファンの方々は何があったんだ? と困惑されている方や、その方がいい! と思っている方他、色々な憶測が飛び交っているようです。

外野から見て、年齢的にもアイドルとしては厳しいときっと本人様も考えていたのでしょうし、自分に自信があるという部分もあり、こういうグループで好きなことができない自分も感じていたでしょうし、ディレクターさんとの恋が表沙汰になったという部分でグループに迷惑をかけると思ったのもあったでしょうし、今後好きな人と自由に恋愛をしたいという部分も大きいと思います。

と書くと、恋愛なんてしてない! 処女でピュア! そんな子じゃない! という方々は逆に今すぐファンを辞めて彼女を作るのに力を注ぐか、結婚相談所に行くのをオススメいたします。

まず、アイドルというのは、グループ内にいると「自分の好きなこと」ができません。

アイドルっぽい曲はダサいから歌いたくないなぁ、こんな服は着たくないな、好きでもない映画を見て好きというのはイヤだし、握手会? キモい…。清純なイメージついちゃうよなあ。と、先の人生を考えるわけです。

仕事柄、裏でも色々なアイドルさんと話したり、実は相談を受けたりもしていますが、わたしの経験上、ピュアとか清純派とか正統派とかで売っている子に限って真逆のプライベート。

逆に、仕事上で毒舌だったり、やんちゃなキャラの人ほど日常ではびっくりするくらい真面目で大人しい。

これはきっと自分の本性に嘘をつき続ける、自分を騙している、そして大人から仕事だからとキャラを無理矢理に設定されることで、徐々になんとも言えない違和感とストレスが自分に溜まっていき、いつかダムが崩壊するようにあふれてしまう。

西野さんもきっと同じように、秋元さんの純粋売りビジネスに嫌気が差したのだと思います。

あくまでも統計上ですが、秋元グループを抜けて大成功する確率は非常に低くなっています。

それは「AKB」「乃木坂」などの大人がマーケティングで作った冠がなくなってしまうからです。

そして周囲もそのマーケティングの遺品を欲しがる為、いつまで経っても「元AKB」と付けてしまう。

これを自分で言い出すともう末期。

結局は依存しないとやっていけない能力しかないという証明になってかっこ悪いです。

あくまでも客観的にですが、西野さんも個人になるときびしく、その冠のぬくもりが残る2年が限界だと正直思います。

が、漫画の修羅の門の主人公のように、仮面を脱いで本性を現したらすごい事になるとも思います。

まずは冠を投げ捨てて、修羅を見せてくれることを楽しみにしています!

前田敦子×デキ婚×がっかり×恥ずかしい×おめでとう

以前、このブログでも書かせていただきましたが、やっぱりといいますか、がっかりといいますか、前田敦子さんはやっぱりデキ婚でした。

私はこういうだらしないのがすごく嫌いです。

それはどうしてか?

それは「影響力」に関係があります。

タレントというのは影響力を持っています。

逆に言えば影響力がある人が有名人だとも言えます。

それなのに、元国民的アイドルがアイドル時代には合コンでお持ち帰りのように泥酔して尻出し写真をスクープされ、脱退してそういう素行が治っていると思えば今度はデキ婚。

こういう行動を見ると半数の人は「情けない」「かっこ悪い」「ダセエ」「節操ない」と思うんです。

が、半数の人は「おめでとう〜!」という。

バカなの? って思う。

国民的に知名度のあるタレントさんが結婚する前に適当に性行為して、それでできちゃったから結婚をするという「流れ」に若い子たちがもし憧れてしまったらどうなるでしょう?

今の時代、若い人への性教育が大変で、いろいろな団体や先生が必死にどうすればいいかを考えている。

そんな中、本来は模範であるべきタレントがこれじゃあ、なんの説得力もなくなってしまう。

先生が必ずコ○ドームをつけましょう云々を言っても、だって、前田敦子はつけないでして、赤ちゃんできて、おめでとうって言われてるよ〜。ってなったら先生はもう何も言えない。

生理用品のコマーシャルをやっておられてた(る?)と記憶しているのですが、なんとも言えない気持ち悪さがイメージに残る。

AKBグループって在籍中もそんな教育もできないの? キモオタからお金を搾取する教育はできても、一般の憧れている少女たちにお手本となる人間性も作れないの? それだけお金があるのに。

おめでとうって言っている方々、ちょっとどうかしている。

日本のアイドル業界の裏側は本当に腐敗しているよなあ…。

ジャニーズ×喜び組×タッキー×芸能界の闇×知らなくても良いこと

タッキー&翼さんが解散し、そのメンバーである滝沢秀明さんが現役を引退し、今後はプロデュース業を主に活動をしていくのだそうです。

そして、それに対して、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんは、涙が出た、嬉しかった。と言っているそうです。

これは美談なのか、ワイ談なのか…。

大手のマスコミは知っているのに未だに書きませんが、以前はジャニーズさんに入るには(入るにはといいますか、入ってから売れるまで)にジャニーさんの「洗礼」を受けるのは絶対であり、いかにお気に入りになるかが大事な事務所でした。

私の知り合いのジャーナリストの方が10年ほど前にジャニーさんにインタビューをした際、話が脱線していって、「最近は日本はうるさいからタイとかの外国で買っているんだよ」とドヤ顔で話していたそうです。

え? 何を買っているかって? それはご想像にお任せいたします。

ジャニーズ出身のタレントさんが引退後に暴露本を数人の方が出していますが、メディアは取り上げず、干されてしまっているという現実。

おそらくは今後ジャニーさんがいつかお亡くなりになってからみんな一斉に語り出すのでしょうけれど、なんだかこういう芸能界の仕組みって気持ち悪いですよね…。

とはいえ、世の中は自分がそれで良いと思えばそれでいいのです。

自分がそのリスクを受け入れてでも将来役に立つ、意味があると思えばガンガンすればいい。

でも、今のジャニーズファンの中高生ってジャニーズのそういう闇の部分って知らないでキャーキャー言っているんですよね。

果たしてそれがいいのか? 知らなくてもいいことがあるのか? なんだかモヤっとする話です。

体操の世界でも、相撲でも、芸能界(事務所によりますが)それぞれの業界でそれぞれの特有のルール、世界があります。

しかし、このジャニーさんの過去の行動が完全に表に出たら、今の時代とんでもないことになるのでしょうね…。

マスコミは書かないでしょうけれど…。

絆か×便乗か×辻希美×ひき逃げ×吉澤ひとみ

また始まったよ…という意見が殺到しているようですが、不自然な「辻ちゃんが謝ることなんてないよ!」「さすが先輩ですね」というコメントも寄せられる謎がありますが、吉澤ひとみさんの飲酒ひき逃げ事故に対して、元(ここ大事)モーニング娘。の辻希美さんが、ブログにて謝罪をしました。

私は引退とか脱退ってなんなのだろう? って毎回思う。

プロレスラーで言ったら大仁田厚さんのような違和感。

アイドルがグループを脱退したら私の感覚ではもう基本的にそのグループとは一切関係ない。

ある意味で縁を切るというのが美しいような気がする。

この場合、両者ともに脱退しているのでそれとはちょっと違うとは思いますが、なんだかそれでも違和感があるんですよね。

で、辻さんておそらく自分が常に話題になっていないと気持ちが悪くなってしまった人だと思うんです。

それの為なら整形はもちろん子供だって旦那だって利用する。

やっぱり小さい頃に受けた「逆トラウマ」って染み込んでしまって消えないんでしょう。

そしてさらに気持ち悪いのが、基本的に関係ないだろというブログ内容に対して、可愛いです!とか辻ちゃん優しい! とか書いている多分当時同じ世代のファンの人たち。

か、サクラのコメントに賛同してしまっている人たち…。

日本人って本当に誰かの意見に引っ張られて同調するのが大好き。

テレビで何々が健康にいいよってなるとみんな必死に買う。

ただの裏スポンサー扱いなのに気がつかない。

アマゾンで星が高ければとにかく信用する。

星をあげるバイトが普通にあることも知らず、評価を見ないとチャレンジもしない。

正直、私からみるとこういった自分の意思のない人や、辻さんのような大便乗タレントの方がある意味ネット上ひき逃げに近い。私も含めてね…。

吉澤ひとみ×ひき逃げ×人間は変わらない×体質×メンヘラ

2018年9月6日に元モーニング娘。の吉澤ひとみさんがひき逃げで逮捕されたという報道がされました。

吉澤さんは去年も交通事故を起こしており、それなのになぜ運転をしていたのか? さらに、それなのになぜ、飲酒をして運転していたのか? という謎というかなんとも情けないことになっています。

私は基本的にママタレです! とアピールしている人にはメンヘラ気質が存在する可能性が高いと考えています。

もちろん生き方は勝手で自由ですが、やはり自分の子供をある意味で利用して自分も食っていこうという、そしてそれが商品販売戦略において日本のメーカーで成立してしまうのもすごい気持ち悪い。

こういう風に自分の芸でなく、子供を商売のネタにする時点で、自分自身に責任感がなくなってきます。

まるで、物に依存しすぎていて、いざその物がなくなると何もできなくなってしまう人のように。

そしてそれは芸能人に例えるとプロ意識の欠如とイコールですので、子供という存在がありながらも、母ということさえ自覚できなくなり、飲酒運転などという、今の時代、超ご法度で、ど田舎の居酒屋のおじさんでもやらないような事をしてしまう。

人というのは、誰かに依存した時点で自分の成長や努力の量が減ってしまうんですね。

吉澤さんは私が一般人として知る以上、超人気でもなく、逆に人気がないわけでもないという、実は一番美味しいポジションにいた方だと思います。

誤解のないように例えますと、ダチョウ倶楽部さんのような存在。

悪い意味では決してなく、気がつくとなんとなくいる。という感じ。

だからこそある意味でさほど修羅場や努力をしてこなかった。

周りがなんとなく上げていてくれた。

なんとなく芸能界に入れた。

それも才能だとは思いますが、やはりその薄い座布団にあぐらをかいていたのでしょう…。