数百万×はした金×秋元議員×投票した人って一体……×だからダメなのよ

中国企業からの賄賂疑惑で逮捕された秋元議員(元)ですが、取材に対して、ヤンキーというかヤクザみたいな口調で、
「300万円なんてはした金もらわねえよ! そんな金のために議員をやるわけないだろ」的な発言をされています。


まず思うのは、この人に投票した人たちって一体……ということです。

だってこの人も選挙活動の時は、私に清き一票を! とかやってくるまで回ったりしていたわけですよね? 握手して回って。それにあっさりと騙されて、先生とか呼んで講演会とかで頑張ってきた人たちって一体……。
まあ、正直見抜けなかった人たちにも責任はある。

と、それよりも思うのは、300万円を「はした金」と言っちゃう時点で逆に終わってる。
国の税金を動かす人間なら、一円でも大切だと思わないとね。

私はこのブログで、「人間は目の奥を見ればわかる」と何度も書いてきました。

その観点でこの議員を見てみると……なるほどなです。

目の奥に余計な自信で必死に隠している裏が見える。洗脳されている人の目と同じ目をしている。

あ、300万円をはした金と言うならガンガン個人的に寄付してください。
そして、こういう議員って氷山の一角で、今この人が退避されたから、焦って書類とかを秘書に処分させている人がいっぱいなんだろうなあ……

ジャガー横田さん×旦那木下医師×パワハラ×文春×わかることがある

元プロレスラーのジャガー横田さんとその旦那木下博勝さんは、芸能界(?)でも有名なおしどり恐妻家夫婦という「キャラ」で色々なメディアに出演しておられました。が、実際には恐妻家(その側面もあったかもしれませんが)とは真逆で、木下さんがかなり強めのパワハラを繰り返していると文春が報じました。

私はこのブログで何度も書いていますが、「人間は目の奥を見ると人間性がわかる」と書いてきました。
具体的に「目の奥」というのは比喩的な部分もあるのですが、

いい人キャラ×メガネ×普通の人よりちょっと弱そう=危険 
だと思っています。

こういうタイプは大体逆の性格といいますか、爆発的な「キレ線」をどこかに持っている。

そして、どこかで自分のその部分を隠したいから「メガネ」をしている。

さらに、そこへ知的に見せたい、という願望が重なっている。

自分の思い通りにならないとキレてしまって機嫌が悪くなるタイプは大体がこういう見た目だから不思議……。
もちろん仕事にストイックな部分や、技術はもちろんあるのでしょうが、その逆の部分も非常に大きい。

色々な人に普段から接していますが、逆に普段からちょっと愛がある感じで口が悪かったりする人は裏と表の隙間が薄く、あまり変わらない。

でも、知識ガンガンといいますか、変にプライドを持っている感じの人は裏と表の差がデカいんです。

家族間、仕事場のルールはそれぞれで、それが当たり前なら問題ない部分もあるかと思いますが、なんだかイメージ的に複雑な感じではありますね……。

はあちゅう×子供より自分?×理解できない×自分大好き×よっぽどのトラウマ

ブロガーのはあちゅうさんが彼女のアンチに対して、「目の前で同じことを言えるの?」的なことをコンテンツでお話したり、ご自身のステマ問題について語っているのですが、そのお写真がバッチリ化粧をして、写真をすごい意識しているんですよね……。

表に出る仕事なので常識の範囲だとは思いますが、そもそもこのお方、まだお子様が生まれて数ヶ月も経っていないんじゃ??? 
普通に考えますと、3時間おきの授乳、そして1日10回以上のおむつの交換。そしてもちろん愛情に対して大事な抱っこ抱っこ。に押されてこの時期は仕事なんて、特に表に長時間出てのことなんてできないと思うのですが……。
なんというのでしょうか、この方ってすべてが自分の保身や自己承認欲求のためにできているように感じてしまいます。
子供でさえも自分の可愛さが上回ってしまっているような……。普通にお子様はどうしているんだろうって……。

この方の奥底には、以前の会社で自分のしたいことが通らなかった、権力とか性別に屈してきた。

そしてそれに加えて幼児期の自分でも気がついていないかもしれないトラウマが存在して、それを必死に取り戻そうとしている感じ。

アンチと戦う必要なんてないんです。アンチってどうせ一瞬だけの存在で、他の人にも噛み付いているタイプなのですから。
そして、それが嫌ならネットをやめれば良い。

自分が銃を構えなければ相手も武器を使用しません。
かまってほしいが先に立ってしまい、私は銃を持っています! かかってこい! と自分でやっておいて、いざ攻撃されると「ひどいことされた」と言うのと同じ。
そんなに面倒くさく生きる必要ってあるのかなあ……。

旦那さんがいて、子供がいて、普通にホワッと過ごせば良いのに。
過去のトラウマによる自己承認欲求って子供の面倒よりも超えてしまうのですね……。

堀ちえみさんのやり方×疑問×大げさ×自分が悪いんじゃ……×ブログ収入

まず、これは私も同じように同じ場でブログをやっていますので、ビュー数やそれによる収入が多ければ良いに決まっているのは理解しています。

が、これは私の価値観や考え方ですが、堀さんのブログの内容を見ていますと、あまりにも「それは自分が悪いんじゃ……」ということが多い。

例えば、爪に黒い線が入って割れて医者へ……と書いておりますが、これ、靴を考えたり、ご自身の体調や体型に合わせて歩く距離等を計算すればいいこと。
それをしないでそういった靴で歩き回ったり遠出すればそりゃあ誰だってそうなりますよ……。


堀さんのブログには頻繁に「医者」が出てきますが、堀さんはこの医者を頼って褒めているようですが、冷静に考えると「こんなこともアドバイスできないで実行させられない医者って?」と逆にダメ医者だと思ってしまう。
まあ、もし医者と組んでブログなどでの収入を上げようとしているか、それとも堀さんが医者の言うことを聞かないで医者側も困っているのか、にもよりますが。
私はブログというものはもちろん個人の自由ですし、言論の自由もありますので何を書いてもいいと思っています。
が、自分で自分の責任で起こった体のことを、さも病気になってしまいました……的に書いて同情やビュー数を得ようとするのって品がないように感じます。

とにかく「大げさ」。
正直、ガンのことも真実は怪しいとおそらく一般の方々のほとんどが思っているはず。

私のブログも毒舌が多いかもしれませんが、少しでも誰かの役に立つ情報を入れ込んでいるつもりです。斜め読み的な。
堀さんって何がしたいんだろう……こんな自分って病気なんです、かわいそうでしょ、かまってほしい的な感じ、苦手だ。

アレン×整形男子×整形はマイナスしか生まない×精神疾患へ続く

多分大袈裟に盛っているとは思いますので、アレンという方が整形にかけたお金、実際にはゼロが二つくらい少ないと思いますが、それでも過度な整形をしているのは事実でしょう。
そして、この方は「負の整形」はいけない、と最もらしいことを言っていますが、整形に負もその逆もありません。整形は自己否定から始まるものです。

そしてギャル的な言葉でいいますと、「かまちょ」、つまりは自己承認欲求でできています。
それを外見で叶えようとするとそれは確実に「心の負」に繋がります。

どうしてか?
これ、実は整形している人のほとんどがその時に気がついていないのですが、「美の基準は時代で変化する」からです。

なので、外見で美しい、可愛い、を求めると永遠に整形を続けることになります。
簡単なロジックです。

「アイ・フィール・プリティ!」という映画を見ていただきたいのですが、これを見ると整形が恥ずかしくなります。

簡単に内容をネタバレ無しで説明しますと、ある自分に自信のない女性がいます。そして確かにその時代の美の基準からするとその女性はそれには該当していないかもしれませんでした。ある日、女性はエクササイズ中に頭を打ってしまいます。すると、まるで自分が超美人になったかのような錯覚を起こし、以前とは打って変わって超ポジティブになってしまうのです。が、実際には紛れもなく今までの自分と同じ……。
そしてこれによって恋も仕事もどんどん上手くいくのですが、やがて自分の外見がなにも変わっていない真実に気がつく。そして……。

ーーーーーーーーーー
そうなんです、つまり人間は中身を磨いて、中身をだれかに愛されたり好かれれば不思議と外見もその人がある意味での基準になっていく。革命を起こしていけるものなのです。
でも、誰かがつくった時代の外見に振り回されている以上、永遠に変わりません。
一生コンプレックスを背負っていくだけ。整形なんて常習化して歯を磨くのと同じになる。そして精神が病んでいく。

このアレンという方も早くそれに気がついてほしいと思います……。