部落差別×掘り起こす×知る必要×待遇×教育

世の中には「知らなくていいこと」もあると思っています。

一度、昔、学校で被差別部落のことを習った気がしますが、正直あまり実感はありませんでした。

そして、最近、部落と呼ばれる場所出身の人たちが運動を起こしたりしているので興味を持って自分なりに調べてみたのですが、確かに一部では就職の際、差別的なことを受けることもあるらしいです。
が、逆にその代わりと言ってはあれですが、優遇されている部分もあったりするのだそうで、ある意味で、部落利権のようなことも多いのだそうです。

今の時代、ネットが当たり前になって、国と国、地域の境界線は曖昧、なくなってきました。

そんな時代にあえて部落のことを、そこに住んでいる人たち自らがいちいち掘り起こして「私たちは部落に住んでいます!」って言う必要ってあるのでしょうか?

なんだか上に書きました、利権というか、特別融通を受けようとしている感を感じてしまうんですよね……。

また、調べていくと、自らがその部落の外との接触を絶って、あえて孤立しているという地域もあるのだとか。

う〜ん、なんだかキナ臭い。

もし本当にそこに住んでいる人たちが自分たちが部落出身、部落ですと触れてほしくないのなら、放っておけば勝手に風化するし、正直もう風化しかけている問題なのになあ。

私もまだまだ勉強中ですが、これをまた学校などの必須の内容にすると余計に差別は進むと思う。

世の中には、風化させてもいいことと、させた方がいいものがある。

この部落の問題は後者な気がするんですよね……。

それともこういうことを表に出すことで誰かが得するようになっているのかな?

ライトプラン 詳細はこちら

【速報ニュース】医療従事者1万人にワクチン先行接種へ、厚労省の工程表案

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に向けた工程表案をまとめました。18日に開かれた非公開の自治体向けオンライン説明会で提示しました。来年2月下旬にも一部の医療従事者に先行接種できる体制を整える計画で、高齢者の接種体制確保のめどは3月下旬としました。

【速報ニュース】深キョンの成功で加速した女優の“グラビア回帰志向” 宮崎美子に見る「水着姿を披露する」ことへの意識変化

女優・宮崎美子のデビュー40周年記念カレンダー&フォトブックが予想を上回る売れ行きを見せています。発売開始時はAmazonと楽天のカレンダー部門で、関連商品が軒並み無双状態の『鬼滅の刃』カレンダーを抑えて堂々1位の快挙を果たしました。同カレンダーの見どころは、何と言っても宮崎が40年ぶりに披露したビキニ姿。かつては新人女優の”通過儀礼”として、やがては”卒業”するものだった水着グラビアだが、近年は中堅、ベテラン女優の「グラビア回帰志向」が高まっているようです。

新しくなったライブでゴーゴーをまずは無料体験!