坂口杏里×逮捕×裏側×実はいっぱいいる×ホスト依存のメンタル

坂口杏里という方がストーカーのような容疑で逮捕されたのだそうです。交際?していたホストの男性の家に侵入しようとしたということで。

まあ、このパターンって実はとってもよくあるんですよね。

ホストというのは言い方を変えると「疑似恋愛」をさせる場所で、この擬似恋愛というのはまあギリギリの線であればあるほど成功なわけです。

が、そのギリギリの分、リスクが存在します。

人間は機械ではなく生き物ですから、依存してしまうと断ち切れない。
そして、年が若い人はホスト遊びを、「遊び」として切り離せないことがあります。

それに加えてホストにハマる子というのは、風俗系の子が多く、そもそもメンタルが弱かったり、何かを抱えていたりする。過去の親との愛情不足のトラウマとかが、ホストに本当の愛のようなものを求めてしまう。
この二つが結びついて「依存」となるのですが、ホスト側からすれば「依存させれば勝ち」という側面もある。

この坂口さんはきっと何かに依存していたい、自分だけでは自分を支えきれないタイプなのでしょう。(少なくとも今は)
そして周囲にはそういったメンタルを治す施設等を勧められても、若い変なカッコつけプライドや「自分はそんなんじゃない!」というのが邪魔をして治そうとしない。

そしてこういった人がだんだん年を取っていくと、あの、あおり運転のガラケーおばさんのようなタイプに変化していく……。

と、実はいっぱいいるんですよ、このパターンの人。
言い換えると、メンタル弱い→普通に働けない→風俗→そこで洗脳される→ホストに行く→お金なくなる→もっと風俗→メンタルさらに低下→無限パターン。

この連鎖で得しているのはホストだけ。利用されているんですよ、坂口さんも。
どこかでこれを自分で断ち切らないと、将来自分でも情けない、しかももう修正の効かないただのおばさんになっちゃうよ……。

加護亜依×解雇×裏にあるもの×過去の栄光×周囲の責任も

毎度色々な意味で世間を楽しませてくれる加護亜依さんですが、今回は事務所を解雇され、その内容は、お互いにどうしても納得できない条件があり……というのが事務所の言葉でした。

こういう場合、まあ揉める中心となるのは「お金」です。ほぼ99パーセントそうでしょう。
突き詰めれば、タレントも事務所も一円でも多くの取り分が欲しいわけです。これはまあ当たり前と言えば当たり前ですよね。

が、どちらかにその「価値」がなければそのバランスは崩れていきます。

これは予想ですが、加護さんは小さい頃に売れてしまい、チヤホヤされて生きてきた。その過去の栄光が心の奥から抜けていない。そして、今でも自分をスターだと思っている。もしくは「思いたい」のでしょう。が現実は非情です。

と加護さんが悪いように書きましたが、これ、実は周囲の大人たちにも問題があると私は思っているんです。

子供を持ち上げて、さんざん利用してお金を儲けて、人気に陰りが見えてくるとあっさりと切る。

なので、もちろん加護さん本人の素行もありますが、ある意味でこの業界の被害者とも言えるかもしれません……。

いじめ×本×効果×中川翔子さん×どうなんだろう

マルチタレントの中川翔子さんが本を出版したのだそうです。私も読んでみようと思っています。

が、その内容は、いじめられている方々への熱いエールでして、そのタイトルにも「死ぬんじゃねえぞ」というものになっています。

まだ未読で申し訳ない部分もあるのですが、ちょっと「モヤっと」したことを素直に書いてみようと思います。

まず、大前提として、タレントさんはビジネスです。

私は基本的にはビジネスであって、結局は自分に返ってくるので、そのリスクを自分で背負うことになりますのでそれでいいとも考えています。

が、そのリスクの部分。例えば、私がこの本についてモヤっとしたのは、まず、そのいじめられている人への「効果」です。

もちろん、人気タレントさんですので本を買ってその言葉に元気付けられる方もいらっしゃるでしょう。

でも、本の値段は1000円以上。この時点でいじめられている子への拡散効果は圧倒的に低くなります。

本当に、根本の部分で中川さんがいじめについて勇気を持ってほしいと思ったならば、ブログやツイッターでいくら長くなってもそれを書く方が読む人は多いと思ってしまう……。

ここはやっぱりビジネス感を感じてしまって、言い方はいけないかもしれませんが、いじめ、自殺という叩きづらい言葉を使ったビジネスなのかなと思われても仕方ないかもしれません……。

また、この本を宣伝しているVTRがあるのですが、中川さんはかなりきつい濃いお化粧をして出演していらっしゃる。

なんとなくですが、真っすぐで素直なすっぴんのそのままの見た目で伝えてほしかった。(これはビジネスとしてもこっちの戦略の方がよかった感じも……)

これはすごく難しい問題ですね。
ボランティアに言えることですが……。

堀ちえみ×韓国×がん×この人の根元×がっかりのアメブロ

ステージ4のガンを宣告されて、治療して数ヶ月でスイーツを食べて観光をして元気にされている堀ちえみさんが、またついこの間ガンの話をしたと思ったら、今度は韓国へ旅行なのだそうです。

ふぅ……。
まだ小娘の私でさえ、この人の行動が常軌を逸していることがわかります。

何だろう、この感覚……と考えていたのですが、やっとわかってきました。
それは、すべての話が薄っぺらく、嘘に嘘を塗り重ねていく、が、それがもう人としての日常になってしまっている感じ。

これは予想ですが、近いうちに、韓国で「脱毛とか、プチ整形してきましたー」とか書きそう。
この「だからなんなんだよ」の連続。

あのですね、堀さん。ガンにしても本当に世間に恐怖を伝えたいなら、しっかりと本当にガンの治療に大事なこと、そして心の部分を書いてください。

あなたのは、ただ自分が悲劇のヒロインになっているのをブログで書いているだけで、患者さんの役には一切立っていないんです。一切ね。

そしていつもお世話にはなっていますが、アメブロさんも考えてほしい。
もちろん堀さん自身がブログを書くのは自由。ですが、この人のブログをニュースに転載するのは絶対にやめた方がいいです。アメブロさん全体のイメージはガンガン下がっていきます。

目先のビュー数がそれほど大事なのでしょうか? 

私はコンテンツというのは先を計算した数字出しだと思っています。

しかし、堀さんという方、確実に自己崩壊するのは時間の問題なのにそれに気がつかないのでしょうか……。

日向坂×ストーカー×生んだ理由×運営方法にも×結局は力不足

AKBグループの派生、日向坂というグループの子がストーカー被害などの理由もあって、引退を考えているのだそうです。

色々考え方はあるのですが、まず、大前提として、芸人でも役者でも濃いファンを超える人はその人の人気に比例して存在します。これはマイケルジャクソンでも日本の芸人さんでも同じです。
突き詰めると「そういう世界」なんです。なので、厳しく言えば「そんなことくらい耐えられないなら向いていない」とも言えてしまいます。

が、それを出来るだけ事務所なりが防御することが一番大切ですよね。
例えば、駄菓子は基本的にはショーケースに入って売っていませんが、高価な宝石はショーケースに入って、鍵がかかって、そして防犯システムは厳重な中で売られているわけです。

つまり、事務所、運営にとって、この子はそういった防御にお金をかける価値がなかった。

もしくは、クズ運営なので、駄菓子のようなところで宝石を売っていたということになります。

もちろんそれをやっていれば万引きや強盗、つまりはストーカー等に遭うのは必然ですよね……。
そして、握手会という目の前のシステムを作って、女性に慣れていないオタを金儲けとして利用するのですから、そのツケは回ってきます。

世の中には必ず、「適材適所」というものが常に時代とともに変化しながら存在します。
AKBグループって新しいように見えて、実はもう古いんです。やり方が。コンプラもできていない。
しかも資金面でも自転車操業が続いている。こんな中でタレントを守るなんて無理……。

目先のお金が欲しいのもわかりますが、あなたたちの売っているのは宝石ではなく「生身の人間」なんです。
もっと先にそういったセキュリティ面等を整えてから新人募集とかをしてはどうでしょうか?

今後も絶対にこういったことは出てきます。
親御さんもこんな適当な運営に大事な娘さんを預けて怖くないですか?

すごく不思議です。