皇室×結婚×小室さん×眞子さま×う〜ん……。

一部報道によりますと、小室圭さんと眞子さまの結婚は、このままいけば順調(?)に近々行われるのだそうです。
正直、私はう〜ん……と思ってしまうんですよね……。

まず私は右でも左でもないのでそれを前提にお話させていただきたいのですが、

皇族というのは、日本の「象徴」であって、フラットな言い方をすれば「国内、世界に向けたタレント的」な立場でもあるわけです。そして、タレントというのは「好感度」がとっても大事です。
色々なご公務をされていますが、それもある意味で「タレント」として国民や世界に向けてのイメージを作っているわけですよね。

と考えた時、この小室さんという方が皇族に入られると……。

正直、現時点での報道(どこまでが真実かはわかりませんが、あくまでも結果的に現状)からすると、決して世間の印象がいいとは言えないと思うんです……。
今の状況で結婚してしまうと、眞子さままでイメージが下がってしまう。そして恐らくは、色々な情報を嗅ぎつけた海外のメディアの中にも「ふさわしくない」「借金男が日本の皇族に!」とか報道する国も出てくるでしょう……。

逆にすごいと思うんですよね。自分への風当たりなんて本人が気がついていないわけないのに、これだけのこと、イメージがあっても結婚を辞退しないという精神が。

もうある意味で皇室ストーカーのよう。(これ、炎上しそうだな……)

でもね、ほとんどの国民は右でも左でも同じように思っている気がするのです。
眞子さま、美人だし清楚だし、なんだか仮に皇族じゃないとしてもなんか、ふさわしくないな……。

何か裏にあるのかしら。